2016年 03月 12日
共に歩む*


いつも控えめな、わん軍3女のキルシェ。
幼いころ、兄弟姉妹と一緒に定点収集に持ち込まれたところを救われたコ。






c0221350_12243438.jpg
うちに来た頃は、こんなにビビリなコいないんじゃないかってくらい、
世の中のものすべてが怖くて、これじゃ気持ちの休まる時ないだろうなぁという様子で。
預かりさん宅では散歩をしたことがなかったので、
我が家に来てからは、まずは外に出る練習から始めました。


まだ犬師匠MASUMIさんに出会う前=犬のことを学ぶ前。
散歩の練習なんてのはまだまだ先。。。2Fのリビングから1Fへ降りる階段もコワイ。
家の中では、トイレの時以外はいつも同じ場所でひっそりピッタリ壁にくっついて、
ひたすら気配を消して1日を過ごす状態の中、庭に出れるようになっただけでも大きな進化。

庭ではほんと、ヘレンケラーとサリバン先生のように、
「これが水だよ」「これは木だよ」「風が吹くね」なんて話しかけて外にまず慣れてもらって。
少しづつ外に連れ出してみるも、何もないところで「こわ~い」と草むらに逃げ込む。
人が来た、自転車が来た、車が止まってるっていっちゃぁ「こわ~い」と逃げ回ろうとする。
歩かなくなってどうしようもなくて、13kgのキルちゃんを、行き帰り抱っこしたり。
腕プルプル、汗だくで中型犬抱っこして歩く人、さぞかし滑稽だったろうなぁ(苦笑)


そんな中MASUMIさんのメールセッションを受け、みっちりトレーニング。
キルシェがコワイ気持ちになった時・緊張した時・ドキドキ不安になった時、
人が犬へどうしてあげたらいいのか・犬はどうしたらいいのか。
犬まかせにせず人がリード=どうしたらいいかを導いてあげることで犬は落ち着けます。

我がコ(犬)がいつも、
「かぁちゃんの言うことを聞いてれば安心だね♪」
「かぁちゃんと一緒なら安心だね♪」
と思っていられるように。

。。。とはいえ、性格はなかなか変わるものではありません。
ビビリなのもわがままなのも怒りっぽいのも人見知りなのも、人も犬もおんなじで、
なかなか変わるものではないから、これからも向き合いつきあっていく必要があるけど、
問題が起きた時にどうしたいいかを、わかっているかいないかでは大きな違いがあります。






c0221350_1228446.jpg
キルちゃんには家の中でもコワイものがあって、それは【強風】と【ダンボール(箱)】。
ガタガタピューピュー風の強い日は、部屋の隅や階段でちっこくなってやりすごそうとするし、
宅配便の箱を持ってわたしが近くを通ろうものなら、一目散に逃げていきます。

 ↑ 強風な日の定位置・階段バージョン(笑)
どの段でもいいんじゃなくて、必ずコーナーで壁に背中をいっぱいつけられるこの位置。
他の犬がコワくないもの・人からしたらなんてことないように思えるものが、
キルちゃんにとってはなぜかコワい。。。おもしろいですよね~(^m^*


2011年4月に我が家に来て、もうすぐ5年の月日が経ちます。
生後7か月だったキルシェも5歳半になりますが(早いなぁ~。。。)、
その間にいっぱい成長し、コワイものも一緒にたくさん克服し、
あんなにキライだった外も大好きで、散歩の時間をワクワク楽しみにしています。

「ビビリだから外に出さない」「外を怖がるから散歩に行かない」は間違ってます。
人間でいったら引きこもり。不健康な状態ですよね。
外に出てさまざまな経験をする・・・犬にも社会経験がとっても大切。
人と犬が寄り添って、あきらめずに一緒に進んでいくことがとっても大切。
(私信:フォローアップ中のビビリっこロンちゃん、マリン、ケンちゃん、焦らずゆっくりがんばりましょう^^)






c0221350_122543100.jpg
朝の小さな陽だまりで器用に(笑)あたたまるキルちゃん♡
人よりも短いその一生を、幸せに幸せに過ごしてもらいたいな(*˘︶˘*).。.:*♡



遊びに来てくださってありがとうございます!
 ↓ ポチッとワンクリック☆してくださったらうれしいです!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

by anokonococoro | 2016-03-12 12:33 |  ∟キルシェの日記


<< アカチャン感*      3.11 >>