2009年 10月 11日
Forもも ~ブログへの思い~



2003年6月18日。

ももちゃんは、お月様に旅立っていきました。


ブログのタイトルの、“あのコ”は、ももちゃんのこと。


「お月様に旅立っていきました」
と書いていますが、正確には、
「旅立たせてしまった」のです。。。

自らの勉強不足やいたらなさから、かけがえのないももちゃんの時間を・命を、奪ってしまったのです。
   ※ももちゃんのお話は、 For もも をご覧ください。


だから、
ももちゃんの仲間であるうさぎを、
幸せにしたい・しなくてはいけない、きちんと育てるんだ、と、
それがももちゃんへの供養になるような気がして、
ももちゃんが喜んでくれるような気がして、
世間でいうペットロスで毎日泣きながら過ごす中、
ももちゃんが亡くなってすぐにもかかわらず迎えたのが、
どんなことがあってもこのコを幸せにするんだという覚悟をもって迎えたのが、ちぃちゃんなのです。


生きているももちゃんに、悲しいけれどもう何もしてあげられない。
でも、輪廻転生も魂の存在も信じているから、
思い続けること、愛し続けることは、今も、これからもずっとできるから。




ももちゃんのおかげで出会えたコ、ちぃ。
ももちゃんとちぃちゃんのおかげで出会えたコ、ソラーナ。
大切な、大切な、このコたちに教わった・教えてもらっている、たくさんのこと。



うさぎの飼育や生態について狂ったように勉強して、
ひとりぼっちで淋しい時間が少ないよう、家でできる仕事をしたいと考えたのも、
ももちゃんにしてしまったことがあったから。
淋しい思いをさせてしまった後悔があるから。



動物を飼う・家族に迎える、
というのは簡単なことじゃない。
かわいいだけじゃない。
生きていて、心もちゃ~んとあるひとつの命を預かる、
という重大な選択なのだと、胸に刻んで。



愛情も、そこから来る心配も、過剰なくらいでちょうどいい、と思っています。
親バカと言われたって、ぜんぜんかまわない。

自分を正当化するつもりもまったくないし、
こうして書くことで、あるいは、ブログなどの場で気持ちを表現することで、
自分のしてしまったことが消えるわけもない。



でも、悲しいけれど過去にはもう戻れない。
悔やむ気持ちばかりだけど、今その時に戻ることはできない。
勝手なのだろうか?と自問自答しながらも、前に向かって進んでいくしかない。


だから、
「これから何ができるか」、「あのコに、このコたちに、何ができるか」
を考えて、自分にやれることを精一杯やって、もう同じ過ちをおかさないよう、後悔のないように生きていきたい。


何より、このコたちがいつも、いつまでも幸せでありますように。
願わくば、この地球上のすべての動物たちが幸せでありますように。。。


そんな風に思って毎日を過ごし、
そしてこのブログに、家族の記録として日々の出来事を綴っていきたいな、と思っています。

by anokonococoro | 2009-10-11 15:30 |  ∟ももちゃんの日記


<< 犬のごはんについて ~我が家の場合~      “コテン”ちぃ☆ >>