<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 26日
週末のわんごはん☆秋鮭と紫芋のリゾット


c0221350_16274136.jpg




秋鮭と紫芋のリゾット


大きな秋鮭の切り身を買ってきて、人用とわん用、それぞれ別にそぼろにしました。

グリルで焼いてから身をほぐし、人用はお酒と醤油少々で炒って。
いくらと一緒にごはんにのっけたら、ごはんが進んでキケン!な秋の丼ものに。

わん用は、鮭に味付けなしで、ほぐしたものをそのまま、別茹でにした紫芋と一緒にトッピング。
野菜は他に、セロリ、小松菜、青梗菜、パセリ。
リゾット、とはいっても、人用のようにアルデンテではなく、
ごはん(白米)をやわらかめに仕上げて、最後に黒すりごまをパラパラっとふって完成~☆



c0221350_16344947.jpg

by anokonococoro | 2009-10-26 16:36 | ★わんごはん(+簡単レシピ)
2009年 10月 19日
ももちゃんの日

c0221350_9462557.jpg

昨日は、ももちゃんの月命日でした。

6年という月日が流れても、
してあげられなかったことがたくさんある、という後悔の思いは今も消えないし、
かわいかった姿を今でも思い出すし、忘れないでいたい、と思う。

そしてももちゃんのおかげで出会えたちぃとソラーナに、
同じような後悔の気持ちを持つことなくいられるよう、
毎日せいいっぱい、今の自分にできることをしてあげたい、と思うのです。

by anokonococoro | 2009-10-19 09:47 |  ∟ももちゃんの日記
2009年 10月 18日
なでなでTIME☆



今日だんなさまは、朝から夕方まで資格試験。

申込みが遅かったので、アクセスの悪い、家から1時間以上かかる会場になってしまい、
会社に行くよりも早い時間にでかけていきました。


だんなさまを車で送ってから、わたしはそのままソラーナとちょっぴり遠出。

たっぷり散歩して、休憩しておやつももらって大満足な顔で帰宅したソラーナですが、
足が真っ黒どろんこなので、帰宅後は毎回しょんぼり・苦手なお風呂。
出て体を拭いてもらうと、なぜか毎回ものすごい得意顔で、
「がんばったよ!!ね?がんばったよね?」とはしゃぐのがまたおもしろかわいいのです(^m^*


今日はなんだかいつもの平日と変わらない感じの1日。。。
夜ごはんの仕込みをほぼ終えて、ただいましばしの休憩中。

どうやらすねているみたいなので、これからちょっぴり、
夕日をあびて目をほそめている、ふわふわかわいい小さい方をなでなでTIMEです☆




f0137343_15461536.jpg





遊びに来てくださってありがとうございます!
お帰りの際に、↓ ポチッとワンクリック☆で応援してくださったらうれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

by anokonococoro | 2009-10-18 23:15 |  ∟ちぃちゃんの日記
2009年 10月 18日
ちぃとまったりな日曜日☆

今日だんなさまは、朝から夕方まで資格試験。
申込みが遅かったので、アクセスの悪い、家から1時間以上かかる会場になってしまい、
会社に行くよりも早い時間にでかけていきました。

だんなさまを車で送ってから、わたしはそのままソラーナとちょっぴり遠出。
たっぷり散歩して、休憩しておやつももらって大満足な顔で帰宅したソラーナですが、
足が真っ黒どろんこなので、帰宅後は毎回しょんぼり・苦手なお風呂。
出て体を拭いてもらうと、なぜか毎回ものすごい得意顔で、
「がんばったよ!!ね?がんばったよね?」とはしゃぐのがまたおもしろかわいいのです(^m^*

今日はなんだかいつもの平日と変わらない感じの1日。。。
夜ごはんの仕込みをほぼ終えて、ただいましばしの休憩中。
どうやらすねているみたいなので、これからちょっぴり、
夕日をあびて目をほそめている、ふわふわかわいい小さい方をなでなでTIMEです☆



c0221350_950986.jpg


by anokonococoro | 2009-10-18 09:48 |  ∟ちぃちゃんの日記
2009年 10月 16日
わんごはん☆豚肉としめじのチャイニーズパスタ

c0221350_916054.jpg






豚肉としめじのチャイニーズパスタ

昨日のよるごはんは、豚肉としめじのチャイニーズパスタ!

細めのパスタ(ディチェコ・フェデリーニ)に、細切りにした豚もも肉。
他には、

*しめじ
*小松菜
*青梗菜
*白菜
*大根
*にんじん
*ピーマン

をそれぞれ小さめにカットしたものをやわらかく茹でて、
別にオリーブ油少々で炒めたたまごをトッピングして、
最後の仕上げにクコの実(水で戻したもの)とセロリの葉をかざって完成☆

パスタは、あらかじめポキポキと手で折ってから茹でると簡単!
フェデリーニは冷製パスタ(人用)に使うことが多いですが、茹で時間が短いので忙しい日にマル☆


c0221350_924118.jpg


わたしが仕事がらキッチンにいる時間がいつも長いからか、キッチンが定位置のソラーナ。
1日中おいしい香りにつつまれて、さぞかしたまらないでしょうが(笑)、
ちょうだいちょうだい、と言ってくることはまずないよいこなので、助かっております!

by anokonococoro | 2009-10-16 09:14 | ★わんごはん(+簡単レシピ)
2009年 10月 13日
ソラーナとおでかけ @こども公園

よく晴れた連休最終日。
用事もいろいろあったのだけど、とっても気持ちよくて、
家にいるなんてもったいない!と、ソラーナを連れて公園へ。

我が家からほど近い“こども公園”はとっても広く、
園内に動物園があったり、BBQ施設もあったり、春にはたくさんの桜が見事なお花見スポット。
わん連れのお散歩にはもってこいのなかなかお気に入りなところ。


c0221350_9541454.jpg


ソラーナもごキゲンで、元気いっぱい!
おやつ待ち、なテーブル下の顔も、いきいきとうれしそう♪♪



c0221350_9545140.jpg


近くの小学生が無農薬で育てている田んぼも収穫間近なようで、こがね色に輝いてとてもキレイでした。

風に吹かれてなびくススキや、真っ赤になった木の実。
高く感じる青空も気持ちのいい、秋の1日でした。

by anokonococoro | 2009-10-13 09:52 |  ∟ソラーナの日記
2009年 10月 12日
かかりつけの獣医さん



★かかりつけの獣医さん



すすきの動物病院
http://home.att.ne.jp/red/SVH/

住所    神奈川県横浜市青葉区すすき野3-7-3
電話番号 (045) 904-2066

診察時間
 午前   9:00~12:00
 午後   4:00~ 8:00
   (休祭日も同様)
 休診日 木曜日



ちぃがうちのコになってからずっと、医院長の堀先生にお世話になっています。

とても熱心な、信頼できる先生です。
うさぎを診られる数少ない優秀な病院のうちのひとつだと思います。

家から少し遠いのですが、我が家はちぃもソラーナも、こちらで診ていただいています。
遠方からも、うさ飼いさんたちが訪れているようです。
 (わんちゃん&ネコちゃんももちろん診てくださいます)



わんちゃんを診るのに優秀な先生が、うさぎを診るのにも優秀、とは限らないことを経験済みです。

肉食のわんと草食のうさ・・・
体の構造も生態もまったく違うのですから、当然のことかもしれません。

犬ネコを診られる信頼できる先生、というのはたくさんいらっしゃると思いますが、
うさぎを診られる信頼できる先生、というのは残念ながら少ないと思います。
まだまだうさぎの医療はこれからなようですし、
飼われている絶対数も多ければ、お医者さんの数もその分多いのです。



特に、うさぎは弱い動物なので、
ちょっとの判断ミスで、助かるものも助からなくなってしまうこともあると思います。

もしもおうちのコが少しでも具合が悪そうだったら、
インターネットで情報収集するだけじゃなく、
誰かに質問・相談して安心するんじゃなく、
すぐに病院に連れて行ってあげてください!




どんな治療も、まず先生への信頼感がなくては始められません。
そして、病院探しをするうえで、そのことはいちばん大切なことだと思っています。

病気になってからではなく元気な時に、
健康診断を受けに、いくつもいくつも、納得できるまで病院へ行ってみることをお勧めします。
具合悪くなってから探すのではなく。


かわいいあなたのコのために、いいお医者さんを見つけてあげてください。

by anokonococoro | 2009-10-12 15:36 | ★思うこと&徒然。。。
2009年 10月 12日
*家族紹介*

★家族構成

 だんなさん
 わたし
 もも (うさ・ミニうさぎ。 お月様にいます)
 ちぃ (うさ・ネザーランドドワーフ)
 ソラーナ (わん・ラブ&日本犬のMix)※推定
 レイール (わん・セッター×ボーダーコリーMix)※推定
 キルシェ (わん・父:黒ラブMix&母:柴犬Mixの間に生まれたコ)
 カノム  (わん・コーギー×シェルティMix)※推定
 ナムタン (わん・和犬×洋犬Mix)※推定
 ウーゴ  (わん・シェパMix)※推定
 +預かりッコたち




★だんなさんのこと
 常に穏やかで、笑顔で、本当に優しい人。。。心から尊敬し、信頼しています。
 いつも私の心をあたたかくしてくれるだんなさまに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 結婚って、家族になるためのものなんだ、と、とても強く感じています。
 「結婚する」という“形”ではなく、純粋に心から一緒にいたいと、
 そして一緒にいるのが自然だと感じた、初めての人がだんなさんです。

 それは、価値観が同じであることもとても大きいかもしれません。
 そして、お互いに成長し合え、支え合える関係だということも。
 “かけがえのない”という言葉がしっくりくる感じ・・・。

 2人でよく、「おじいちゃん・おばあちゃんになっても、
 仲良く縁側でお茶を飲みたいね♪」と話しています。




★かわいいむすめたち
 いつもキレイでまっすぐな心でそばにいてくれる、大切な大切な家族です。
 
 お月さまへ旅立ったももちゃんが教えてくれたたくさんのこと。。。
 そして、ももちゃんのおかげで出会えたちぃちゃんと、
 保護団体出身のソラーナ&レイール&キルシェ。
 自ら保護活動を始めて迎えたカノム&ナムタン。
 保護団体を立ち上げてから迎えた末ッコ・ウーゴ。

 このブログの名前は、
 純粋で清らかなこのコたちが教えてくれるたくさんのことへ、
 「ありがとう!!」の思いをこめてつけました。
 愛するこのコたちが、いつも幸せでありますように!!
 



*もも のこと
  2003年6月18日、ももちゃんは病院のミスで亡くなりました。
  お月様に帰り、いまはゆっくりと過ごしています。
  ずっとずっと家族・・・心の中でいつも一緒です。
   



*ちぃ のこと
c0221350_1864768.jpg
体重1、6kg。
ももちゃんが亡くなってすぐに、決意をもって迎えた、
2003年5月12日生まれの、優しくて頭のよい女のこ。

部屋でフリーで過しています。なでなでされるのが大好き!
おかえしにちゃ~んとおててペロペロ~っとしてくれます。
うれしいとおおはしゃぎ、イヤ!って言う時でさえかわいい。
いとしくてぎゅっとしたくなる、ふんわりかわいい一番上のおねぇちゃん。

   ※2015年1月19日、お月様に帰りました。
    ももちゃんと、仲良く見守っていてくれているかな。。。
    ずっとずっと家族・・・心の中でいつも一緒です。





*ソラーナ(Solana)のこと
c0221350_1871897.jpg
体重24kg。
2008年5月4日、ボランティア団体から我が家にやってきました。
とある場所から救い出されたソラーナは、誕生日がわからないため、
我が家の家族になった日・5/4が誕生日(推定2歳で我が家に来ました)。

体は大きいけれどちょっぴりビビリなところも。
家族みんなで過ごすのが大好きな、甘えんぼで優しい女のコです。






*レイール(Reir)のこと

c0221350_1713169.jpg
体重12,5kg。
2009年12月19日、ボランティア団体から我が家にやってきました。
ごはんを探して放浪生活を送っていたレイールは、
捕獲され千葉県のセンターに収容されましたが、
今はこうして我が家の家族となって、一緒に暮らしてます☆
我が家の一員となった日・12/19が誕生日(推定1歳で我が家に来ました)。

散歩では、猫や小動物を見つけるとハンター魂がメラメラ。(※2012年秋現在、トレーニングで改善しています)
毎日元気いっぱい!でも繊細さも持ち合わせている・・・
甘えるのも大好きな、笑顔がかわいい女のこです。






*キルシェ(Kirsche)のこと
c0221350_13471770.jpg

体重10,5kg(2011年5月現在)
2011年4月9日、ボランティア団体から我が家にやってきました。
千葉のとある農家の庭で放し飼いにされている母犬&野良の父犬との
間に生まれた12わん兄弟姉妹のうちのひとり。
飼い主の定点収集持ち込みで一旦は生命の危機にさらされましたが、
今はこうして我が家の家族となって、一緒に暮らしてます☆
2010年9月16日がお誕生日(生後7ヶ月で我が家に来ました)。

怖い思いをたくさんさせられたきたので、人(特に男性)が怖く、とってもビビリ。
だけど家族でいる時には明るい一面も見せてくれ、おねぇちゃんたちが大好きで、
毎日元気にプロレスごっこにも参戦できるようになりました(2011年5月現在)





*カノム(Khanom)のこと
c0221350_11332422.jpg
体重8kg。
2012年12月11日(引き出し時推定1歳)、自ら赴いた愛護センターより引き出したコ。
カノムをうちのコにと申し出た日=3/30は結婚記念日と重なってしまうため、
「新生活スタート!!」な気分満載の4月1日をカノムの誕生日としました☆

基本ビビリなので、人がたくさんいる場所などが苦手。
家族以外の人に警戒心がとても強いカノちんだけど、家族には超甘えんぼ^^
案外ジャンプ力があって、オヤツの時に垂直に飛び跳ねる姿がめちゃかわいい。

いつもかぁちゃんのそばにそっと寄り添ってくれるような、そんな存在。
そしてちょっと霊感ある感じの不思議ちゃんな面もあるカノム。
名前のカノムは、タイ語で、sweets・お菓子の意味。
みんなが大好きなスイーツのように、誰からも愛されるようにと名づけました。






*ナムタン(Namtaan)のこと
c0221350_11473321.jpg
体重11kg。
2013年4月2日(引き出し時推定1歳)、自分でセンターへ引き出しに行き連れてきたコ。

何人もで囲む人の輪の中、「この人っ!」って選んだかのように、
わたしの足元に、逃げるように走りこんできた、お目が高い(笑)ナムタン^^
でもそれは、選んでくれたんだっていうことは、ほんとにほんとで、
ナムタンはあんなこともこんなことも教えるためにウチに来たんだって感じること、多し。

Namtaan(ナムタン)はタイ語で【砂糖】の意味、Sii Namtaanで【茶色】の意味。
(・・タイのお砂糖の中でも椰子砂糖は、濃い茶色&濃厚・濃密な甘さでおいしいのです☆)
まだらな茶色模様がかわいいコなので、見た目でSii Namtaan。
そして「このコにお砂糖のようにあま~い生活が待っているように」と願い、名づけました。
誕生日は5月10日。






*ウーゴ(UGO)のこと
c0221350_1213412.jpg
体重14,5kg。 誕生日は7月5日。
2014年1月9日(引き出し時推定5か月)、センターより引き出してきたコ。

“飼い主持ち込み”だというこのコは、コンニチワ!さわって!なでて!と、
できるだけ近くに行きたいよ~!!と、柵にピッタリ体を押しつけて、わたしを見ていたっけ。
引き出す予定でなかったそのコを、ヒトメボレで引き出した。。。
「うちのコに」と99%そう思って引き出してきたコ。

【ウーゴ】の意味は、頭がいい・聡明な、な~んていう、イタリア語。
センターで見て、ぴったりな名前だ~って思ってつけたこの名前。
聞き分けよくて頭もいいし、ほんとに“おりこうさん”って感じのウーゴ。
心優しくて、そしてちょっぴりドジなとこもある、かわいいかわいいダンシです^^

by anokonococoro | 2009-10-12 10:38 | ★家族紹介
2009年 10月 11日
うさぎのごはんのこと



「うさぎの医療は縄文時代」と、ある先生がおっしゃていましたが、
そのくらい、ペットとしての歴史の浅いうさぎに関する知識は医療の世界でも薄く、
「水を飲むと死ぬんでしょ?」「キャベツあげときゃいいんじゃないんだ?」etc、
こんなありえない話なども信じられていたり。



ここ&ブログに記しているのは、
いままでうさぎを育ててきて思っていること、であり、あくまでも“我が家の場合”です。

市販の飼育書はたくさんありますが、首をかしげたくなるような記述もたくさんありますし、
うさぎに詳しい獣医さんたちも、そのようにお話されています。

本やインターネットetcの情報のすべてを信じずに、
「かわいいわがコ」のために何が良くて、何が良くないのか、
飼い主さんがしっかり勉強して判断してあげることが大切、と思っています。


また、
「○○は食べさせて大丈夫ですか?」
などのご質問には、申し訳ないのですがお答えできません。
「うちのコは食べて大丈夫だけど、あなたのおうちのコはわからない」からです。
どうか、ご了承くださいm(_ _)m

    ※もしかしたら、アレルギーなどを持っているかもしれません。
     信頼できる獣医さんを見つけてあげ(これ、大事です!!)、心配なことがあったら相談してください。
     きちんと答えてくださるかもしっかり見極めて、
     また、納得のいく答えが得られなければ、何件でも病院を訪ねてみてください。





***うさぎの飼い方・うさぎのごはんについての参考資料***

  わたしが信頼している先生の記述です。
  飼い方がわからない、ごはんはどうしたらいいの?etcの場合に、こちらの記述もご参照ください。  
    → うさぎの飼い方
    → うさぎの食事





***我が家のちぃちゃんの場合***

~ ちぃちゃんデータ~
   6歳半(09’11月現在)
   ネザーランドドワーフの女の子
   体重1,6kg



*牧草・・・   チモシー・2番刈り
          好きな時に好きなだけ食べられるようにしています。
          長時間残っているものは捨て、新しくて香りのいいものを食べられるようにしています。

          うさぎは常にお腹(腸)を動かしていないといけないし、
          しっかり牧草を食べて歯を磨耗しているのです。(うさぎの歯は伸び続けます)
          「牧草をちゃんと食べているか」は、
          毎日、そして1日のうちでも何度もチェックしている項目です。



*ごはん・・・   朝・夕2回
          小松菜、青梗菜、せり、あしたば、パセリ、クレソン、三つ葉、
          セロリ(葉)、かぶ(葉)、にんじん、ターツァイ、春菊
          以上の野菜をほぼ全種類、1回のごはんであげています。
          全量で、よく売られているサラダスピナーに満タンになるくらいの量です。

          できるだけ無農薬や有機栽培のものを買ったり、
          流水でよく洗い、しっかり水気をふいてからあげるようにしています。

          学校のうさちゃんなどはよくキャベツをもらったりしていますが、
          キャベツはお腹にガスが溜まりやすい、と聞いた事があるのでわたしはあげません。
          その他、パセリは食べ過ぎると覚醒作用があるそうなので少量、とか、
          カルシウムの多い野菜はあげすぎに注意(尿道結石になりやすいようです)、など、
          気をつけているポイントがいろいろとあります。



*ペレット・・・  朝・夕2回
          1回に、片手で軽く握った程度の量をあげています。
          野菜をあげてしばらくしてからあげます。

          かかりつけの先生は、「なしでもいいんだけどね」とおっしゃるのですが、
          同時に、「でも好きなら、あげすぎないように注意して、今のままでいいよ」とのこと。
          うさぎの中ではだんだん、高齢、の仲間に入ってくるちぃちゃん。
          我慢させるのが愛情の場合もあるし、
          好きなものは食べさせてあげたい、という思いもあるので微妙ですが、
          いまのところ、ペレットをやめる予定はありません。



*おやつ・・・   季節のフルーツなどを時々
          バナナ、いちご、梨、りんご、あたりがちぃちゃんの好きなフルーツ♪
          バナナなどは、皮をむいた瞬間、遠くからでも飛んでくるくらい好きですが、カロリーも高いので少しだけ。
          食より遊ぶ方に興味のあるコなので、適量食べたところで、自分から食べるのをやめます。
       
          市販のおやつ類(クッキーetc)は、一切あげません。
          えん麦・オーツなど、一見自然派っぽいおやつも、
          腸炎などの原因になりやすいそうなので、こちらもうちではあげません。
   
          飼育書には、「おやつをあげよう!」なんていろいろ紹介されていますが、
          百害あって一利なし、とわたしは思っています。  ※個人の意見です
         中には、菓子パン、煮干し、なんて書いてあるものまであってビックリしますが、
          自然界でうさぎが食べているかを想像したら、あげようなんて思わないはずですよね。。。



*水・・・     夏場のみ一応準備
          一応、と書いたのは、準備しても飲まないためです。
          5歳頃までは、夏の暑い時期に飲むことがありましたが、
          今年の夏(6歳)はまったく飲みませんでした。
       
          おそらく、クーラーで温度管理していることと、
          野菜で十分な水分を補えていること、が原因だと思います。
       
          「水を飲むと死ぬ」なんて、まったくの迷信ですが、
          飲まなくても野菜で水分を摂取できていれば、無理に飲ませる必要はないと思っています。






            ~ すべてのうさちゃんが、健康で長生きで、そして幸せでありますように!! ~

by anokonococoro | 2009-10-11 15:35 | ★思うこと&徒然。。。
2009年 10月 11日
犬のごはんについて ~我が家の場合~



うさぎに比べ、わんちゃんの情報はたくさんあふれているし、
家族の一員として育てている人の絶対数も違うと思います。

みんなそれぞれにごはんに対しての考えがあるはずで、
何が正しくて何が間違っているかはわかりませんが、
“うさぎのごはんのこと” でも記したように、
ここ&ブログに記しているのは、あくまでも“我が家の場合”です。

本やインターネットetcの情報のすべてを信じずに、
「かわいいわがコ」のために何が良くて、何が良くないのか、
飼い主さんがしっかり勉強して判断してあげることが大切、と思っています。


また、
「○○は食べさせて大丈夫ですか?」
などのご質問には、申し訳ないのですがお答えできません。
「うちのコは食べて大丈夫だけど、あなたのおうちのコはわからない」からです。
どうか、ご了承くださいm(_ _)m

    ※もしかしたら、アレルギーなどを持っているかもしれません。
     信頼できる獣医さんを見つけてあげ(これ、大事です!!)、心配なことがあったら相談してください。
     きちんと答えてくださるかもしっかり見極めて、
     また、納得のいく答えが得られなければ、何件でも病院を訪ねてみてください。




***我が家のソラーナの場合***

~ ソラーナデータ~
   3歳半(推定年齢)(09’11月現在)
   ラブラドール&日本犬のMIX(推定)
   体重27kg
     ※保護団体より、犬親となり受け継いだコなので、年齢や犬種などの詳細は不明です。



*ごはん・・・   朝・夜2回、手作り食
          
          基本は毎日手作り食ですが、
          何かの事情で急にどこかに預けなくてはいけない等のケースに備え、
          ごくたまに、市販のドライフード〔原材料のはっきり・しかkりしているもの)をあげてみたりもしています。
          (なんでもわがままなく食べるコなので、必要ないかな、と思っているところです)

          獣医さんも、「手作り食に勝る食事はないよ」とおっしゃり、わたしも同じように思っています。
          何が入っているか定かではない市販のフードよりも、
          自分で買ってきた材料で、自分の手で作ったごはんの方が安全です。

          ソラーナは、手作りごはんとドライフードでは、食べっぷりがまったく違います。
          う○ちの量も減りますし、体臭も毛並みも変わります。

          大好きで、毎回楽しみにしているごはんの時間。
          これからも、できるかぎり栄養たっぷり&おいしいごはんを作ってあげようと思っています。


*基本のごはん
          体重は、25~27kgくらいをいったりきたり。。。
          なので、そのくらいの体重のコ用のごはんの量を用意しています。
           (獣医さんにOKをもらっている食事内容です)
     
          ~例:ある日のごはん(1食分)~

            鶏胸肉 140g
            おから   15g
            野菜   200g(火を通す前の全量)
                      大根、トマト、青梗菜、小松菜、にんじん、パセリetc、
                      5種類以上は入れるようにしています。
            白米    40~50g
                      やわらかめに炊いたもの

              【作り方】
                よく洗って食べやすい大きさに切った野菜類を茹で、
                その茹で汁に食べやすい大きさに切った鶏肉、おから、白米を加え、
                鶏肉に火が通るまでコトコトと煮ればOK☆
                 (トマト・パセリなど、火の通りやすい野菜は最後でOK)

                      
           この、雑炊タイプは簡単なので、いちばんよく作るごはんかもしれません。
           お肉はほかに、牛、豚、ラムetc、
           魚は、かつお、まぐろ、あじ、いわし、さんまetc。
           たまごや納豆、白米でなくうどんやそうめんetc、その日その日でメニューを変えています。
           
               
           
           お肉と魚はソラーナ用に買ってきますが、
           その他の食材は、人用の中から拝借したり、ちぃちゃん用野菜からもらったり。
           食べてはいけない食材はしっかり頭に入れておけば、あとは、そんなに難しく考えなくてもOK。
           わんちゃん用ごはんの本など購入してみるのも、楽しいかもしれませんね♪


           毎回、作るのにかかる時間とは比べものにならないような速さでペロッと完食。。。
           「ねぇ~、もうちょっと味わったら?」とか言ってみますが、
           それだけおいしいんならまぁいっか、と、
           満足そうな顔を見るのもまた、楽しみだったりするのです。


         ※犬はもともと、野菜や穀類は消化しにくいため、わんちゃんによっては下痢をする場合もあるようです。
          市販のフードから手作りに切り替える場合には、
          便の状態も観察しながら、少しずつ切り替えていくとよいのではないかと思います。
          また、年齢や体質に応じて食事の内容は変える必要があります。
          上記はあくまでも、我が家の・ソラーナの場合です。




             ~ すべてのわんちゃんが、健康で長生きで、そして幸せでありますように!! ~

by anokonococoro | 2009-10-11 15:33 | ★わんごはん(+簡単レシピ)