2011年 06月 07日
唯一無二*

我が家に来た頃は、こんなにあまえんぼになるなんて思ってなかったけど、
1日じゅう、「かぁちゃん♪」っておっかけてきてくれるレイール。

「イタ~イ」とか「きゃ~><」とかの声に、真っ先に飛んでくるのもレイール。
いつもいちばん笑顔が多いけど、本当はいちばん繊細なのはレイール。

キルシェが来てから。。。
更に輪をかけてあまえんぼになったけど、でも、おねぇちゃんらしく、
キルシェといっぱい遊んでくれるし、色々と教えてくれていたりするのも見て、
成長したなぁ、優しいコに育ってくれたなぁと、しみじみ思うことが多い今日このごろ。







c0221350_193442.jpg






c0221350_1954037.jpg






c0221350_1963350.jpg


もちろん、レイールだけじゃなく、ちぃもソラーナもキルシェも。
みんな、大切な大切な存在。





「ひとりだけだったら、もっともっともっと遊んであげられたのに」


その思いはずっと消えないけど、そして、むすめたちそれぞれがそう思うことがあるのかもしれないけど、
もしもそう思わせていたとしたらとぅさんかぁさん失格で、そして、それはとても悲しいこと。

ひとり目=ちぃは、何年もずっとひとりっこだった。だから、
ふたり目=ソラーナを迎える時、ちぃとの時間が減ることをものすごく悩み、
さんにん目=レイールを迎える時、ソラーナがヤキモチをやくかなとまた悩み、
よにん目=キルシェを迎える時、ちぃ、ソラーナ、レイール、それぞれと一緒にいる時間がまた減るかなと悩んだ。

家族が増えるということに、決して慣れたくはない。
さんにんもよにんも一緒、よにんもごにんも一緒、なんてなりたくない。
「きっとみんなうまくやってくれる」って、それがあたりまえと思って甘えたくはない。
「とぅちゃんかぁちゃんの言うことだから・決めたことだからガマンするの・・・」っていう風にはしたくない。

心から、「みんな一緒は楽しいね」って、思ってもらえるように。。。
この世の中の動物達みんなが、幸せでありますように。。。
わたしにできることなんて、ほんのちっぽけ。
そして、まだまだできることがあるだろうに、動けてないもどかしい思いもある。


家族が増えるたび、わたしたちはたくさんのことを教えてもらい、共に成長してきたんだなぁって思う。
ひとりひとり、かわいいこのコたちひとりひとりに、「ありがとう」って思う。


遊びに来てくださってありがとうございます!
お帰りの際に、↓ ポチッとワンクリック☆で応援してくださったらうれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

by anokonococoro | 2011-06-07 19:23 |  ∟レイールの日記


<< トトウヲクム☆      ハバヲキカス☆ >>